成婚までの期間

女性たち

長すぎる交際はマナー違反

結婚相談所では、成婚するまでに期限を設けているところがほとんどです。お見合いから交際が始まった後、一定期間内で結婚相談所へ成婚する意思を伝えなくてはいけないのです。そうでなければ、なかなか答えが出ずに長期間交際してしまうおそれもあるので、交際中の相手のためにも答えを出さなくてはいけません。大阪の結婚相談所でも、このような期限を設けているところは珍しくありません。結婚相談所へ入会する前に、スタッフがあらかじめ婚活上のルールを説明してくれます。けれども、ルールをはっきりと設けていない結婚相談所も大阪にはあります。そういう場合でも、交際中に一定期間が経ったときに成婚の意識を確認してくることがあるので、早めに答えを出さなくてはいけないのです。大阪で多い成婚するまでの期間とは、だいたい3ヵ月から半年です。中には1年の期間を設けるところもありますが、そういう長期間はあまりありません。この交際期間から3ヵ月で答えを出すのが難しい場合でも、スタッフに相談をすれば期間を延ばしてくれます。それでも半年または8ヵ月から10ヵ月くらいまででしょう。交際期間中に成婚が決められない場合は、相手のどのようなところを見て決めていったらいいのかをスタッフがアドバイスしてくれます。相手に対して成婚の意識が持てないならば、早めにお断りを入れたほうが相手のためにもなるのです。結婚相談所は結婚を目的としたサービスとなるので、一定期間中に成婚の意識を出すのはマナーでもあります。大阪にある結婚相談所には、好みやフィーリングが合えば3ヵ月で成婚する人も少なくありません。これは世代に関係なく、若い人でも成婚スピードが早い人もいるのです。焦ってしまうとストレスになる場合もあるため、将来のことを考えながら落ち着いて答えを出していくといいでしょう。